血液サラサラ生活

|身体の健康を維持するには適度な運動は必要です。血管を丈夫にし、ストレス解消など血液サラサラ効果もあります。

運動で血液サラサラ


sponsored link

適度な運動には血液や血管の健康状態を維持する効果があります。


運動不足になると筋肉量が減少し、基礎代謝が下がってしまうため食事でカロリーを過剰に摂ってしまうことになりがちです。


代謝に使われなかった糖分や中性脂肪が脂肪分として身体につき血液中にも増えドロドロ血液になってしまいます。


血管に付着した中性脂肪は血栓や動脈硬化の原因になり、増えすぎた悪玉コレステロールはドロドロ血液の原因になり血液の流れを妨げます。


血液や血管に良い運動は適度な有酸素運動です。


呼吸が激しくなるような無理な運動や頑張りすぎる運動は健康にとってマイナスになることもあります。


有酸素運動とは酸素を取り込みながら比較的軽い運動を長い時間かけて行う運動です。


全力疾走や重量挙げなどは無酸素運動に分類され、ウォーキングやジョギング、自転車などが有酸素運動に分類されます。


有酸素運動は血液中の中性脂肪を燃焼させエネルギーに変える効果があります。


エネルギーに変えた中性脂肪を身体の各組織に運搬する際、悪玉コレステロールが減り善玉コレステロールが増えるので血液が円滑に流れるようになり血液サラサラになります。


軽い運動を続けることにより心肺機能が向上し肺の働きが活発になり身体の酸素摂取量が増え身体全体の新陳代謝が増加し、太りにくい身体になります。


また適度な運動はストレス発散にも繋がりストレスからくる血液ドロドロを予防します。

[スポンサードリンク]