血液サラサラ生活

|梅の成分が凝縮された梅肉エキスは血液サラサラ効果があり、昔から薬としても用いられています。

梅肉エキスで血液サラサラ


sponsored link

梅肉エキスは江戸時代から吐き気止めや下痢止めの妙薬として各家庭で作られてきました。


今では乗り物酔いにも効くとされています。


梅肉エキスは青いうちに収穫した梅の実から作られます。


果肉をすりおろし、煮詰めて梅のエキスを凝縮したものが梅肉エキスです。


農林水産省食品総合研究所と財団法人梅研究所が行った共同研究で梅肉エキスにはとても強い血液サラサラ効果が明らかにされました。


梅肉エキスから発見された新成分「ムメフラール」には血小板の凝集を抑える効果があり、また血液の流れを良くするクエン酸が豊富に含まれており、この二つの相乗効果でとても優れた血液サラサラ効果が期待できます。


梅肉エキス血液サラサラ効果だけでなく、胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因になるピロリ菌の増殖を抑える効果があり、胃液の分泌を整えて消化を助けます。


梅肉エキスには梅の有効成分(クエン酸・りんご酸・コハク酸・カテキン酸・ピクリン酸など)が凝縮されており、血液を弱アルカリ性に保つ浄血作用から身体の酸化を抑え老化防止に効果があり、そしてとても強い殺菌力があります。


梅肉エキスは健康食品として食べるより、和風ドレッシングなど毎日の食事に加えるのが良いでしょう。

[スポンサードリンク]