血液サラサラ生活

|血液サラサラにする薬には凝固系と線溶系があります。

血液サラサラにする薬


sponsored link

血液サラサラにするは、大きく分けて凝固系(血液凝固因子)に作用すると線溶系(線維素溶解系)に作用するになります。


本来血液には怪我をしたら血が止まる凝固作用があります。


そして凝固した血液を溶かす作用が線溶系です。


健康的な血液は凝固系と線溶系のバランスが取れています。


血液サラサラで凝固系に作用する代表はワルファリン(ワーファリン)です。


ワルファリン(ワーファリン)は医品として心疾患や静脈の血栓塞栓症の治療や予防に使われています。


ワルファリン(ワーファリン)は血液凝固に作用するビタミンKの働きを抑えることで血液凝固を妨げます。


そのためワーファリン内服中は納豆などのビタミンKの多い食品を取ると効果が減り、働きが弱くなってしまいます。


他の血液サラサラはアスピリン、ドルナー、パナルジン、プラビックス、プレタール、プロサイリンなどがあります。


アスピリンなどは血小板の凝集を抑制する作用があり、動脈の血栓症の治療や予防に使われています。


アスピリンというと風邪、頭痛のイメージがありますね。


解熱鎮痛のバファリンにはアスピリンが多く含まれており、今でも頭痛として使用されているためでしょう。


ワーファリン以外のアスピリンなどは凝固系のでは無いので、ビタミンKが豊富な納豆などを食べても大丈夫です。

[スポンサードリンク]