血液サラサラ生活

|お茶を飲むことで血液サラサラにすることができます。毎日の飲み物に取り入れて生きましょう。

お茶で血液サラサラ


sponsored link

血液サラサラにする食品で一番簡単にとることが出来るものはお茶でしょう。


毎日の食事は変えられなくても食後にお茶を飲むだけで血液サラサラの効果があります。


今では様々な健康茶が出回っており、どんなお茶でも血液サラサラ効果が期待できます。


お茶は基本的にカロリーは無いので積極的に飲んで大丈夫です。


ただし利尿作用や各種成分の効果から飲みすぎは良くありません。


血液サラサラの効果が期待できるお茶は、緑茶麦茶ウーロン茶ほうじ茶そば茶プーアル茶杜仲(トチュウ)茶ギャバ茶などがあります。


緑茶
緑茶にはポリフェノールの一種である苦味成分カテキンが豊富に含まれています。カテキンは番茶やほうじ茶などの日本茶全般に含まれていますが緑茶に最も多く含まれています。カテキンは胆汁酸の排泄を高め血液中のコレステロールの排泄を促進させ、脂肪を燃焼させる効果があり、血中脂質を正常にする働きがあります。もちろんカテキンは抗酸化作用が強いので抗がん作用が期待できます。


麦茶
血流改善効果だけでみるとお茶の中で一番効果があります。麦茶の原料の大麦を煎るときにできるピラジンという物質が赤血球の流動性を良くし、血小板凝集を抑えるため血液サラサラにすると考えられていますが、今でも麦茶の血液サラサラ作用について全てが解明できていません。


ウーロン茶
緑茶より効果は劣りますが、ウーロン茶には「ウーロン茶ポリフェノール」が含まれており、これが血液中のコレステロールや中性脂肪を減らし血液の循環を良くします。


そば茶
そばの実に含まれるフラボノイドの一種の色素成分ルチンが毛細血管を丈夫にし、血液循環を良くします。ルチンはビタミンCとともに働くので、ビタミンCが豊富な野菜などと組み合わせましょう。


プーアル茶
脂肪が体内に吸収される前に体外へ排出する作用があります。血液循環が良くなる他、ダイエットやお通じの改善に効果があります。不足しがちなミネラル類も多く含まれます。


杜仲(トチュウ)茶
杜仲茶に含まれるゲニポシド酸にコレステロールや中性脂肪低下を助ける作用があり、血圧の降下もあります。不足しがちなミネラル類も多く含まれます。


GABA(ギャバ)茶
増加したγ-アミノ酪酸が血圧を低下させます。


[スポンサードリンク]